• 景涼 宮﨑

地獄のヒートランプテスト2回目

さて、3日連続でCOREの話で

ちょっとしつこいので今回までとしますが、

昨日、ヒートランプテストに挑むも残念ながら失敗に終わり

かなりの疲労感と不快感だけが残る結果となったため、本日再挑戦しました。

正直なところ再挑戦するにあたり自分を必死に鼓舞しての挑戦!


今回は昨日の失敗から少し長めにウォーミングアップをおこない、ウエアも最初からかなり着込んでスタート。

正確にいうとランプアップを開始する前にすでに24分くらい乗ったので、汗も吹き出し、体感的にはかなり暑いが、その時点でまだ体温は37.3℃・・


そこから昨日同様5分で10%ずつ出力を上げていき、80%で5分乗ったところで38℃になっていて欲しいのだが、


今回も未到達の37.8℃・・


とはいえ上昇のカーブもいい感じなので、そのまま80%の出力で乗り続けること7分30秒で38℃に到達!

38℃に到達時点で心拍数は179拍。出力は195W

あとはその時のケイデンスと心拍を維持しながら出力が60%(170W)まで落ちるか、

継続不能になるまで耐えるのみ。すでにローラー開始から51分も経過していて

動画も見ずにひたすら51分も乗れていることに驚くが、

数値の管理やらやることが多いのであっという間に時間が過ぎる。


やってみるとわかるが、80%の出力なので

そこまでキツいわけではなく心拍も安定していて

正直いつまで続くんだ、、、という先の見えない絶望感&とにかく暑い不快感。

それでも少しずつだが維持するのがキツくなってきて出力も落ちてくる。

集中すれば維持できそうな気もするが

そもそも暑さがキツすぎて集中することが難しくなってくる。

耐えようと踏ん張れば心拍は上がってしまうし、改めてなかなか難しいテストだと実感。

そのまま16分は耐えるも心拍が超えてきてしまい、これ以上は継続不能と判断しテスト終了


終了後は安静にしていても昨日同様どんどん体温は上がり、

終了後23分で39.4℃を記録した。


テストの結果は下のグラフに示した通りで、オールアウトの体温が38.7℃なので、

そこからマイナス0.5~0.3℃がヒートトレーニングゾーンということなので

自分の場合は38.2~38.4℃ということになる。

この深部体温を狙ってローラーを30〜45分程度乗ることで

VO2MAXの向上が期待できるというのだから驚きだ。

(Webで調べたようなテスト結果に頑張った甲斐があったというもの!)


とはいえ、テスト終了後はサウナに長時間入って

我慢して、我慢して、我慢して出てきた時くらいの状態で

身体は暑いし、頭もぼーっとして、顔は真っ赤な状態で、

皮膚に血液が入っているというのも頷けるが、

ヒートトレーニングゾーンを超えてトレーニングするのは

ものすごく危険なので絶対にダメだと感じた。


高地トレーニング同様に身体を慣れさせることで

身体の能力を向上させるので、ここで更に追い込むことは

一般人はしない方が良いと思う。というかできない。

絶対に体温が上がってしまって、体温がターゲットを超えてしまう。


まだ使い始めて3日目だが、使った感じだと、

普通のトレーニング後にヒートゾーンで30〜45分程度のローラーくらいで良い思う。

このトレーニングはスピードやパワー、インターバル能力などの向上ではなく

身体の内面の能力を上げるのが目的なので、そこで更に何かしようと考えない方が良い

しっかりと目的を理解してトレーニングをすることが大事だと思う


今後もヒートトレーニング自体は継続していきますので、

2〜3週間して効果が目に見えて現れるようならまたブログに書くかもしれません。

とはいえ、5月の後半は遠征の予定がびっちりなので

ローラーに乗る時間がとれなそうですが、、できる限り頑張ります!

#プロショップウーノ

#CORE

#ヒートトレーニング

#lookcycle

#look785hues

#look765gravelrs

#bridgestoneanchor

#anchorrp9

#走りが軽いマヴィック

#mavic

#サイクリング

#自転車

#ロードバイク

#三浦半島

#北久里浜

#三浦半島一周

#ジテツウ

閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示