• 景涼 宮﨑

ヒートランプテストをやってみた。

さて、昨日ブログで紹介したヒートトレーニング(CORE)ですが、

早速ヒートランプテストなるものをやってみました。



これは自分のヒートトレーニングゾーンを出すためのテストで、この体温の中でトレーニングをすることにより暑熱適応効果とアクティブクーリングという身体が体温を落とそうと血液を皮膚に送るため、筋肉に供給される血液の量が減少するので高地トレーニングに近い効果を得ることができるというもの


色々とWebサイトを漁りながら情報を収集しても

辛い、きつい、不快、などという文字が並んでおり

かなり覚悟を決めてテストを行った。


しかしながら結果から言うと上手くできなかった。

ものすごく辛い思いをしたが失敗、、


服装はこの時期にタイツ、長袖の冬用アンダー、長袖+レインジャケットと

真冬仕様の装備でローラーを開始!

調べた通り自分の50%の出力から5分に10%ずつ上げていった。

①5 min FTP 50%

②5 min FTP 60%

③5 min FTP 70%

④5 min FTP 80%

Webで調べると80%まで到達したところで38℃くらいになっていて

そこからケイデンスと心拍をキープして

出力が60%以下になるまで測定とのことなのだけど、


まさかの37.3℃。。。おいおい全然上がらないぞ?

でも体感的にはめっちゃ暑いんですが、、

仕方がないのでそのまま80%をキープすることに、

20分は頑張ろうと思い、我慢するも体温はなかなか上がらず、


80%に達して5分、そこから延長の20分、すでにスタートから40分経過で

体感的にはもう限界、でもこの時やっと体温が38℃付近に到達。


本来ならここから本当のテストだけど、

全く継続できる気がせずオールアウト↓

その後は10分程度は体温上昇があるので急速に身体を冷却せずに安静に!

ということなのでじっとしていると

体温が上がる↑上がる↑

10分経過で38.5℃!

20分経過で38.8℃!!

30分経過で39℃!!!

その後は体温が下がってきたものの、体温調整の難しさを実感。


わかったことは思っていた以上に

体温は上がりにくい。というよりも、

体感からかなり遅れて反応がある

ということ。つまりもっとしっかりウォーミングアップを行いゆっくり上げていったほうが良かったと反省。


そして体温が上がってる時は

ちょっと頭がぼーっとするような

いわゆる酸欠状態になってる感じもあった。


そしてこのトレーニングは高地トレーニングと一緒で、高強度でやれば良いということでも、長くたくさんやれば良いというものでもないという事です。



ただ、とにかく辛かった。一人でやるのは危ないかもしれないと思うくらい

もし一人で行う場合は安全マージンをしっかり取ってトレーニングに取り組んでいただきたいです。


おまけ:

そもそもCOREのアプリを使うと

おおよそのターゲット体温を色で示してくれます。

自分の場合は37.5~38.8℃くらいのようですが、ちゃんとテストすればもっと正確なターゲットゾーンがわかると思います。

今回の反省を活かして


近日中にリベンジします!

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示